みなさん、絵文字って使いますか?

使わなくても、見たことはあると思います。
絵文字とは、こんな文字のことです。

(^_^) ← 楽しい
(T_T) ← 悲しい

では、欧米の顔文字を見たことありますか?
こんな風に表現されます。

🙂 ← 楽しい
:-< ← 悲しい

顔に見えましたか?
欧米式の顔文字は、顔が横になっており、
左が目、右が口で書かれることが多いです。

ここで注目して欲しいのが、
「目」「口」です。

日本の絵文字は「目」に変化が大きく、
欧米の絵文字は「口」に変化が大きいのです。

もっと言うと、

日本の絵文字は
「目の変化で感情を表し、口の変化は少なめ」
欧米の絵文字は
「口の変化で感情を表し、目の変化は少なめ」

このことから、こんなことが言われています。

「日本人は感情表現において目を、
 欧米は口を重視する傾向にある。
 絵文字にもその傾向が現れている。」

実はこの話、北海道大学の教授が
2006年に発表した論文の内容で、
感情を読み取る時にどこを重視するかを、
日本人と欧米人で比較したものです。

この論文の中で、ある実験がされています。

絵で描かれた「表情」を学生に見せ、
「楽しい」「悲しい」の感情を判定します。

その結果、
日本の学生は「目」を重視しました。
アメリカの学生は「口」を重視しました。

実験結果(論文より抜粋)

論文PDF(英語)

この結果、個人的には納得感がありました。

コロナ禍を経て、マスクが一般的になりましたが
欧米ではマスクに抵抗感があるといいます。
それは、コミュニケーションで重視される
「口」が隠されるから。と言われています。

また、欧米では日本より歯の矯正が一般的です。
これは、注目される「口」にある「歯」を
綺麗に見せようという意識の現れと思われます。

また、アニメーションの世界では、
日本では「目」が大きく描かれます。
(例:少女漫画)
欧米では「口」が大きく動く表現がされます。
(例:ディズニー映画)

アニメーションは、現実をデフォルメして、
部分を強調して、描くものです。
だから、より強調される部分が、
日本と欧米で変わってくる。そう思います。

もちろん

「そんなこと、一概には言えないよ」

という反応もあると思います。

人間には、1人1人個性があるので、
欧米人が100%、口を見ている
ってわけでもないでしょう。

ですが、「傾向」として、
日本人は「目」を重視する
欧米人は「口」を重視する

というのは、信憑性が高い。
と思いました。

このことを頭の片隅に置いておけば、
日本人に対しても、欧米人に対しても、
より効果的なコミュニケーションを
行うことができると思います。

例えば、旅先で
欧米の方とお話するときは、
口元を意識すると、より感情が伝わり、
好印象を与える確率があがります。

話のネタとしても、
「どこを見て感情を読んでる?」
というのは面白いので、
欧米の方と話すときに、
話題にしてみるのもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA